インプットは英会話教材でアウトプットはオンライン英会話

オンライン英会話やネットを介した英会話教材が最近では注目されていますね。
その利用法として最適なのは、「インプットは英会話教材でアウトプットはオンライン英会話」という方法ではないでしょうか?
短期間で英語能力を向上させるには、ある程度効率的に学習を進める必要があります。
そして、それはリスニングや英作文、単語を覚えるなどのインプットする知識学習も大事ですが、実際に会話するという実践でのアウトプット学習も必須だといえるでしょう。
もちろん、時間に余裕があって、長期的視点で英語能力をゆっくりと上げたいと思うのなら、まずは英会話教材で基本の部分をしっかり固め、その後にオンライン英会話を集中的に行う、という方法もあるでしょう。
しかし、やはり時間効率の面で考えると、やはり効果は落ちてしまうといえるのではないでしょうか?

 

何故、「インプットは英会話教材でアウトプットはオンライン英会話」を同時進行すべきか?

では、どうして「インプットは英会話教材でアウトプットはオンライン英会話」という英語学習法が注目されているのでしょうか?
これは脳科学でも明らかにされているのですが、人間の学習効果は、インプットとアウトプットのバランスがとれていればいるほど向上することが明らかになったからです。
例えば、欧米にある世界トップクラスの大学では「反転授業」というメソッドが導入されているケースがあります。
この反転授業とは、簡単に言えば授業→復習よりも予習→授業を重視するというもの。
ここでのポイントはただ単に予習として授業の準備をするということではなく、授業を「アウトプットの場」として活用するために予習をするということなのです。
つまり、このメソッドを用いた大学の講義では意見交換や発表が中心となります。
インプットは個人で行い、アウトプットは多数の前で行う。これの逆はできませんよね。
そういった学習に関する研究などが進んだこともあって、「インプットは英会話教材で行い、アウトプットはオンライン英会話を活用する」という勉強法が最近話題になっているのです。

 

いずれにしても、特に最近英語学習に焦点が当たってきているのは企業活動のグローバル化や、さらに身近な面では昇進や給与に英語能力が考慮されるということが鮮明になってきたという事情があります。
将来への自分の投資を重視するなら、現在の限りある時間を最大限効率的に活用するために、インプットは英会話教材で行い、アウトプットはオンライン英会話を活用する」という勉強法を検討する意義は十分にあるのではないでしょうか?